• IT

当社のITツール活用(6)〜その他

前回からの続き。





(全体像)

他にも様々なツールを使っている。日々の経理は会計ソフトの「フリー」を利用して、銀行口座とカードの明細をネットから自動で取り込み、過去のデータにもとづいて自動で勘定科目を予想し登録する。筆者は間違いがないかどうか確認するだけだ。経費精算や給与計算も同じソフトでやっているため、二重入力等が発生しない。また、外出先からも操作可能だ。

社内の内線はIP電話を使っており、小倉や東京でも本社(092番号)の着信を受けることができる。092を発番とする発信もどこからでも(外出先のスマホからでも)可能だ。

データ分析に「タブロー」、RPA(作業自動化ロボット)として「ユーアイパス」というツールを使っているが、これらはまだ筆者が検証している段階だ。この二つは操作が若干難しいため、スタッフにさせるのは酷だと判断した。手順を筆者が作成し、スタッフはボタンを押すだけ、といった状態まで持っていく必要がありそうだ。

関連記事

  1. パワーポイントのスライドサイズを昔の4:3に戻す

  2. 3回前にコピーした文字を呼び出す(クリップボード履歴管理ソフト)

  3. マルチモニタの愉悦

  4. ポストイットのデジタル変換

  5. デジタルダッシュボード、常に掲示することの意味

  6. 文章入力を少しでもラクに(MS-IMEの辞書登録)

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)