• IT

当社のITツール活用(5)〜キントーン

前回からの続き。




(全体像)

通常エクセルで作るような一覧表などは、クラウドデータベースの「キントーン」で作っている。
エクセルの場合、作成しても誰かがファイルを開いていると更新できない、コピーが散らばりどれが最新かわからなくなるといった問題があるため、解決策としてキントーンへの置きかえが有効だ。
誰でも簡単にアプリケーション(データベース)をマウス操作で作成でき、変更やグラフの追加も簡単にできる。
エクセルに慣れたスタッフの思考回路を、キントーンを使うように頭を切り替えてもらうまでが大変だったが、苦労の甲斐あって生産性は大幅に向上した。

関連記事

  1. 旅行、出張

    12インチマックブック、ふたたび

  2. Facebookの投稿をキーワードで非表示にできる「Social Fi…

  3. メーカー顧客向けセミナー講師(ものづくり補助金)

  4. モニタの大きさと生産性は正比例する(と、思う)

  5. オフィス2007以降のファイルを2003以前のオフィスで開く方法

  6. 結局はキーボード入力に落ち着く。

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)