無用の用

企業経営では「無駄」がとかく嫌われる。
効率化、標準化、単純化。確かに重要だ。

無駄を省くことに成功すれば、
コスト削減、従業員の負荷軽減、
品質の向上などに繋がる可能性がある。

それは企業にとっては明らかに「善」だ。

効率化の果てに

私も無駄を省くことは好きで、そのためにいろいろなITツールを活用している。
効率化につながるような投資はためらわずに行うようにしている。

しかし、無駄をゼロにしようとは思っていない。
効率化の果てに、ロボットのように効率化した従業員が働く、
そんな企業を作ることは望んでいない。

無用の用

「無用の用」という言葉がある。
役に立たないように見えるものでも、
かえって役に立つこともある。
この世に無用なものは存在しないという教えだ。

一見無用なように見えた、ささいなコミュニケーションに意味があることもある。
無駄だと思ってアウトソーシングした業務が、実はその会社の強さの源泉だった、ということもある。

省いてよい「無駄」と、そうでない「無駄」があるのだろう。
判断のためには、目の前のささいな効率化といった短期的、局所的な視点だけではなく、
広い視野と、過去から未来までの時間軸を想定した「本当の効率化」を考えなければならない。

目の前の効率化が、明日の非効率を生まないように。

関連記事

  1. ほとんどの場合、原因は悪意ではなく能力不足(ハンロンの剃刀)

  2. 目標を立てるのなら計画もセットで

  3. 幽霊、おばけ、モノクロ

    見ているけれど、見えてはいない(変化の見落とし)

  4. 間違いを認め、なぜ間違えたのかを突き詰める

  5. 遊びの再評価〜ゲーミフィケーション①

  6. システム思考(4)〜ループ図(その3)

最近の記事 おすすめ記事