物理キーボード搭載のオンリーワン端末。Blackberry Key2

iPhoneとAndroidを所有している。
プライベートはiPhone X、仕事用の通信は Blackberry Key2という使い分け。

Blackberryは、Android(8.1 oreo)搭載のスマートフォンで、
最大の特徴は物理(ハードウェア)キーボードが付いていること。
「押した感」や「キーとキーの間の隙間」がないソフトウェアキーボードと比較して、長文を快適に入力できる。

前世代のBlackberry Keyoneと比較すると、キーボードが若干大きくなり打ちやすく、CPUが強化されスムーズに動作するようになった。

フリック入力は確かに便利だし、一時期は使っていた。
ただ、英文やプログラムを打つ際にものすごく手間なのと、
どうせ日々の作業ではパソコンでキーボード(QWERTY形式)を叩くことになるのに、
その上フリック入力という別の方式まで慣れるのは非効率、頭の切り替えが無駄・・
ということで、使用しているガジェットの入力方式は全て同じにしている。
#iPhoneもフリック入力ではなくQWERTYを利用

この端末をあまり見かけないということは、
私のようなニーズを持っている人はそれほど居ないのかもしれない。

オンリーワンのスマホだと思うので、
できれば今後もアップデートを続けて欲しい製品の一つ。

関連記事

  1. 7年振りの新型トラックボールマウス MX Ergo

  2. 本棚

    【電子書籍リーダー】Amazon Kindle Oasis

  3. 短距離移動はキックボードで

  4. 物理キーボードの愉悦。BlackberryKEYOne

  5. ただ、テキストを入力するためだけに。

  6. 私のマッキントッシュ遍歴

最近の記事

  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)