金銭には人間を人格的な服従から解放する機能がある

社会学者のG・ジンメルはこう言ったそうだ。

金銭には人間を人格的な服従から解放する機能がある。

お金で解決すると言えばイメージは悪い。
しかし、お金で解決しなければ、何で解決するのか?
心理的な貸し借りが、お金の代わりになるだけだ。
返報性の原理、で調べて見ると良い。

人格的な服従を強いられるくらいなら、お金で解決した方がよほどすっきりする。

お金を払えばそれは労働に対する対価だ。
しかし、お金を払わずに何かをしてもらうのであれば、
その強弱はともかく、なにがしかの人格的な服従を強いられることを覚悟した方がいい。

関連記事

  1. 「テキサスの狙撃兵」成功事例のみを声高に話す

  2. 自己ハンディキャッピングを克服する〜行動的自己非難を行う

  3. 止まれば負ける

  4. 意思決定の前に「歪んだ認知」を修正する

  5. 喜劇と思えるように

  6. モニタリング、コントロールセンター

    コントロールできると思えるかが重要

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)