同意反復(トートロジー)に注意

ドミノ

理由になっているようで、全然理由になっていない。
それがトートロジー(同意反復)だ。

例を挙げよう。

「我が社はすごい。なぜなら我が社はすごいからだ」
「私たちは正しい。なぜなら私たちは正しいからだ」
「**はダメなヤツだ。なぜなら**はダメなヤツだからだ」

・・・こうして見ると「こんな馬鹿な発言をする人なんかいないだろう」と思うかもしれない。
しかし、長々と理由を説明された後に、よく考えて要約すると上記の意味でしかないことは思いの外多い。

レトリックを駆使すると、上記のような無意味な主張でもそれっぽく見せることができる。
美しい表現や難しい言葉にだまされそうになったら、こう質問してみよう。

「端的になぜすごいの?」
「正しいと思う理由を列挙して」
「ダメなヤツであることを証明できる事例を教えて」

関連記事

  1. ものの見方を考える②〜視点、視野

  2. 今がずっと続くだろう?(プロジェクションバイアス)

  3. 具体化と抽象化の繰り返し

  4. 「ピンチはチャンス」の大雑把さ

  5. 否定的な思考を、冷静に見つめる

  6. ・・・定評がある、という言葉を使いたくない理由

最近の記事

  1. 2023.03.31

    科学VS風評
  2. 2023.03.28

    2015年末の決定

カテゴリー

読書記録(ブクログ)