今がずっと続くだろう?(プロジェクションバイアス)

今の状況がずっと続くと思うか?
そう聞かれたら、大抵の人は「そうは思わない」と応えるだろう。
しかし、人間の思考の「偏り」はそうではないようだ。

プロジェクション(投影)バイアス

現在の状況をそのまま未来に「投影(プロジェクション)」してしまって、
未来の正確な予想を妨げてしまう人間の思考を「プロジェクションバイアス」と呼ぶ。
#バイアスは「偏り」や「くせ」のこと。

ビジネスがある程度順調だとする。
「勝利の方程式を見つけた!今がうまくいっているからこのままのやり方を続けよう」
と考えるのではないだろうか?

ビジネスは外部の様々な要因との相互作用で成り立っている。
自分がやり方を変えなくとも、市場や競合、政治や経済、技術が変われば「勝利の方程式」は変更を余儀なくされる。
プロジェクションバイアスを意識し、それにだまされず、
「今がずっと続くとは限らない」と考え、少しでも確度の高い未来予測をしよう。

[amazonjs asin=”4816366105″ locale=”JP” title=”今日から使える行動経済学 (スッキリわかる!)”]

関連記事

  1. 即時フィードバック、スモールゴール〜ゲーミフィケーション②

  2. 平均のトリック(3)〜最頻値(モード)

  3. 自由と平等、どちらに重きをおくか

  4. 良いことをしたのだから(モラル正当化効果)

  5. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

  6. ビジネス、歯車、モデル

    「昔からやってる」は理由にならない。「新しいから」も同様

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)