計画のモジュール化

計画を立てると、計画に縛られる。
外部の環境が変わったのに「こういう計画だから」と突き進むのは最悪だ。
目的は計画通りにやることではない、計画は手段にすぎない。

「せっかく作ったのだから」と計画通りに進めようとするあまり、
現実を計画に合わせてしまっては成功はおぼつかない。

とはいえ、せっかく作った計画をあっさりと放棄するのは心苦しい。
計画作成にかけた時間は無駄だったのか?

計画のモジュール化

計画はすべて破棄する必要はない。
外部環境の変化に対応し、一部を差し替えるだけでよい。
全てが無駄になるわけではないのだ。

家電製品、特にパソコンは「モジュール化」が進んでいる。
様々なパーツ(モジュール)の組みあわせで製品が成り立っており、どこかが壊れても当該のモジュールを差し替えれば全体としての動作は保たれる。
また、性能を上げたければ、該当するモジュールをアップグレードすればよい。

計画も極力モジュール化を進めるべきで、一部を差し替えても全体の変更が発生しないように、または自動で変更されるように構成する。
そうすれば、変化に対応できる柔軟な計画ができる。

この分野にはコンピュータプログラミングの手法が応用できるのだが、詳細はいずれ別の記事で。

関連記事

  1. 雑草、たくましい

    雑草は強くない(ポジショニング戦略)

  2. 少しずつしか変わらない

  3. 自信たっぷりな人は、能力が高いか低いかの両極端(ダニング・クルーガー効…

  4. 福岡県下44市町村の「創業支援プログラム」

  5. 歯車

    経営学はフリーズドライ製品。お湯で戻すテクニックが問われる

  6. 戦略

    市場選びより、適切な戦略とその実行を

最近の記事

  1. 多忙なビジネスマン
  2. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

カテゴリー

読書記録(ブクログ)