計画のモジュール化

計画を立てると、計画に縛られる。
外部の環境が変わったのに「こういう計画だから」と突き進むのは最悪だ。
目的は計画通りにやることではない、計画は手段にすぎない。

「せっかく作ったのだから」と計画通りに進めようとするあまり、
現実を計画に合わせてしまっては成功はおぼつかない。

とはいえ、せっかく作った計画をあっさりと放棄するのは心苦しい。
計画作成にかけた時間は無駄だったのか?

計画のモジュール化

計画はすべて破棄する必要はない。
外部環境の変化に対応し、一部を差し替えるだけでよい。
全てが無駄になるわけではないのだ。

家電製品、特にパソコンは「モジュール化」が進んでいる。
様々なパーツ(モジュール)の組みあわせで製品が成り立っており、どこかが壊れても当該のモジュールを差し替えれば全体としての動作は保たれる。
また、性能を上げたければ、該当するモジュールをアップグレードすればよい。

計画も極力モジュール化を進めるべきで、一部を差し替えても全体の変更が発生しないように、または自動で変更されるように構成する。
そうすれば、変化に対応できる柔軟な計画ができる。

この分野にはコンピュータプログラミングの手法が応用できるのだが、詳細はいずれ別の記事で。

関連記事

  1. 数字、数学、パズル

    マジックナンバー7は都市伝説

  2. お金を稼ぐ

    キャッシュポイントはどこですか

  3. パズルのラストピース

    情報時代における専門家の価値

  4. 具体的とはどういうことか

  5. 曲がりくねった道

    正しく間違えるよりも、漠然と正しいことを選ぶ

  6. 経済図書館「ビズコリ」のチラシ裏面「会員の声」に掲載されました。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)