落としどころを見据えて

有名な本「7つの習慣」の著者、スティーブン・コヴィーはこう言った。

Begin with the end in mind.
終わりについて考えて始めろ

似たような西洋の言い回しもあるようだ。

Think of the end before you begin.
始める前に終わりについて考えなさい

落としどころを見つける

終わりについて考える、日本では「落としどころ」という言葉が当てはまるだろうか。
筆者はどんな打合せや議論でも常に「落としどころ」を考えて臨んでいる。

議論のための議論をしたいわけではない、なんらかの結論を出さなければ意味がない。
自分としてはこういう結論に持っていきたいという「落としどころ」を設定しておかないと、
議論がとっちらかってしまうからだ。

妥協は悪か

落としどころという言葉を嫌う人も居る。
言葉のイメージを「なあなあで妥協する」と捉えているのだと思う。

私は、妥協というのは悪いことではないと思っている。
一切妥協しない人間というのを思い描けば、その人が社会生活を営むことが難しいのがわかるはずだ。
だれもが多かれ少なかれ妥協をしている。
ならば、話の流れのなかで自分にとって不利な妥協をせずに済むよう、
あらかじめ落としどころを設定(できれば複数)しておくのが合理的だろう。

関連記事

  1. 王様

    読み手にとって役に立つ情報なのか

  2. 悪いのは仕組みだ

  3. 当たり前のことをできるか

  4. 図解の活用(4)〜芸術作品を作る必要はない

  5. 成功者だけが目立つ(生き残りバイアス)

  6. 近い未来の自分

最近の記事

  1. 新年、鶴、富士山
  2. 正義、校正、法律
  3. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)