どれを選ぶのか

まったく同じ商品を4つ並べて展示したとする。
同じであることは消費者には伝えられていない。
最もよく手に取られるのは、一番右の商品だそうだ。

これは心理学の実験により確かめられている。

面白いのは、商品を手に取ったあとに
「なぜその商品を選んだのか?」を聞くと、
皆いろいろな理由を話すことだ。
いわく、一番品質がよさそうだった、色が綺麗だった・・・・
#繰り返すが、まったく同じ商品だ

これを応用すれば、売る側として一番買って欲しい商品を
右側に展示することがプラスの効果をもたらす可能性がある。

一度どこかでこの効果を試してみたいと思っているが、
まだその機会がない。

関連記事

  1. 九州経済産業局「事業化支援専門家一覧」に掲載されました。

  2. まずは寝よう

  3. 事務所経費は「交通費」と「広告宣伝費」である

  4. 全ての指標が平均値の会社は存在しない

  5. 足かせ

    自責と他責。どちらかではなく、冷静な分析を

  6. 100年前に仕事をしていたら

最近の記事

  1. 多忙なビジネスマン
  2. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

カテゴリー

読書記録(ブクログ)