ターゲットより上を狙えば、的に当たる。

30代向けの化粧品を作ると、40代によく売れるという。人間の心理がよくわかるエピソードだと思う。

想定したターゲットとは異なる顧客層に売れるという現象は、他の業界でもあり得る。

「意識高い2ちゃんねる(今は5ちゃんねるだが)」として知られる、ニュースピックスというサイトもそうだろう。
(おそらく)運営会社が当初想定したのとは別の顧客層がサービスを支えている。

これは逆に考えると、本来ターゲットとなる層の少し上?を狙うことを意識したプロモーションが効果的ということだ。
結果的に、こちらが狙ったターゲット通りの顧客を得ることができる。

(上下という表現を使うのが正しいのかはわからないが)

関連記事

  1. 分析麻痺

  2. 中小企業白書2018を読む(1)〜中小企業の一人あたり付加価値額

  3. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    どこかで役に立っているのなら

  4. 自信たっぷりな人は、能力が高いか低いかの両極端(ダニング・クルーガー効…

  5. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    イントラパーソナル・ダイバーシティ(一人内多様性)

  6. 当たり前のことをできるか

最近の記事 おすすめ記事
  1. ディスコミュニケーション
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ
  3. 出張、旅行
  4. 2019.06.21

    結論ありきで

読書記録(ブクログ)