ターゲットより上を狙えば、的に当たる。

30代向けの化粧品を作ると、40代によく売れるという。人間の心理がよくわかるエピソードだと思う。

想定したターゲットとは異なる顧客層に売れるという現象は、他の業界でもあり得る。

「意識高い2ちゃんねる(今は5ちゃんねるだが)」として知られる、ニュースピックスというサイトもそうだろう。
(おそらく)運営会社が当初想定したのとは別の顧客層がサービスを支えている。

これは逆に考えると、本来ターゲットとなる層の少し上?を狙うことを意識したプロモーションが効果的ということだ。
結果的に、こちらが狙ったターゲット通りの顧客を得ることができる。

(上下という表現を使うのが正しいのかはわからないが)

関連記事

  1. パズルを組み合わせる

    計画を立てないことは、失敗する計画を立てることだ

  2. 通勤時間で思考をまとめる

  3. 「議論が尽くされる」ことはあり得ない

  4. 情報収集を怠らない(TDB REPORTの購入)

  5. ドミノ

    完璧な提案に見えても、そこには必ず反作用がある

  6. マーケティングの三位一体

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)