ターゲットより上を狙えば、的に当たる。

30代向けの化粧品を作ると、40代によく売れるという。人間の心理がよくわかるエピソードだと思う。

想定したターゲットとは異なる顧客層に売れるという現象は、他の業界でもあり得る。

「意識高い2ちゃんねる(今は5ちゃんねるだが)」として知られる、ニュースピックスというサイトもそうだろう。
(おそらく)運営会社が当初想定したのとは別の顧客層がサービスを支えている。

これは逆に考えると、本来ターゲットとなる層の少し上?を狙うことを意識したプロモーションが効果的ということだ。
結果的に、こちらが狙ったターゲット通りの顧客を得ることができる。

(上下という表現を使うのが正しいのかはわからないが)

関連記事

  1. 地図は現地そのものではない

  2. で、いくらかかるのさ?

  3. 落としどころを見据えて

  4. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    地元を思い出させて、売る

  5. SNSに投稿するのもいいけれど

  6. 雑草、たくましい

    雑草は強くない(ポジショニング戦略)

最近の記事

  1. 2022.05.27

    ネオフィリア
  2. 2022.05.17

    出世してね!
  3. 2022.05.16

    痛みと苦しみ

読書記録(ブクログ)