当社の広告宣伝費(年間10万円)

広告宣伝費をかけてません。当社は11月末決算なので今期ももうすぐ終わりますが、総額で10万円程度です。

費用の半分程度はお仕事を定期的にいただいている某公的機関に年数回広告を出しており、その費用です。
毎年それを上回る報酬をいただいておりますので、恩返しの意味でも最大枠での広告掲載を継続しています。

また、こちらも仕事をいただいている某商社のウェブ展示会に出店しまして、その費用が数万円です。

残りの数万円は、名刺の印刷代とか年賀状とかです。

ネット広告も出してない

見るからに怪しげ?なファックス広告も出していませんし、どこかの営業会社に委託してテレコールをしている訳でもありません。
もちろん、ネット広告も一切出していません。

当社サイトのブログにはGoogleの広告を貼り付けているのですが、
たまに他社の「ものづくり補助金申請支援します」みたいな広告が出ていて苦笑してしまいます。

マーケティングの結果

当社は今の所、広告宣伝を行わなくてもクライアントを集めることができています。
これはもちろん意識してこの状況を作るように動いた結果なのですが(それをマーケティングと言います)、
何よりも、当社に仕事を紹介していただけるパートナー企業様のおかげです。本当にありがとうございます。

接待交際費も少ない

接待交際費もいわば形を変えた自社の広告宣伝費用と言えなくもないでしょう。
こちらも年12万円強でした・・・月に1万円。

学生の方が金使ってると思います。
以前は異業種交流会なども積極的に参加していたのですが、仕事が忙しく最近はさっぱりです。
下戸なので夜の街にも呼ばれない限りは顔を出しません。
当たり前ですが、家族での飲み食いを法人経費で落とすようなこともしておりません。

税理士(知人でもある)からは、「あまりに真面目すぎてびっくりした」と呆れられました。

広告が嫌いなわけではない

別に広告宣伝費をかけたくないとか、広告が嫌いだとかそういう訳ではありません。
費用対効果が低いと感じているから、別の手段を用いているだけです。そして、その手段がそれほど金がかからない。

今後、広告による集客が必要になれば、積極的に資金を投下して行こうと思っています。
もっとも、そんな事になるのは当分先だとは思いますが。

関連記事

  1. 仮面で握手

    同じ服をずっと着ていたら、汚いと思われるだけだ

  2. ビジネス、歯車、モデル

    テクノロジーから逃げるな

  3. 多忙なビジネスマン

    仕事とトレーニングの両立、ジム通いのコスト

  4. デジタルで伝える

    誰の意見を聞くべきなのか

  5. 情報の置き場所はひとつだけ

  6. ルーチンとプロジェクト

最近の記事

  1. 2021.02.17

    スペック厨

カテゴリー

読書記録(ブクログ)