商人たれ

士業なので先生と呼ばれることがある。

先生、先生と呼ばれていると、つい自分が商人ということを忘れてしまう。
そして尊大な振る舞いをしてしまう。政治家のように、医者のように、教師のように。

自分は気をつけているつもりだが、それでもときおり「今の自分はちょっと偉そうだな」と思うことがある。
自尊心や、功名心、自負心に引っ張られているのだろうか。恥ずかしいことだ。

「商人」であることを忘れれば、そこに残るのは自意識の肥大した、先生じゃなく「大先生」と呼ばれなければ不機嫌になる(本当に居る)、誰からも声の掛からない、中小企業診断士という資格を昔取っただけの老人になってしまうだろう。

関連記事

  1. 「真摯」と「断定」の両立

  2. ドミノ

    完璧な提案に見えても、そこには必ず反作用がある

  3. 前提条件の変化に気づく

  4. Everything in its right place.

  5. 九州経済調査協会・ビズコリ・調査月報

  6. 紹介だけで

最近の記事

  1. 2024.02.26

    確実な未来
  2. 2024.02.16

    沖縄出張

読書記録(ブクログ)