数字は数字

数字で定量化しろ、見える化だ、統計データを分析せよ・・・・
まあ、間違ってはいない。

数字から見えてくるものはある。感覚では見逃していることが見つかることはままある。

ただ、数字だけでは決められない。それが可能なら、統計学者は巨万の富を得られているだろう。
その数字から何らかの意味を見出し、未来を予測し、行動するのは自分だ。

以前紹介した「分析麻痺」という言葉もそうで、分析(数字いじり)に傾倒するあまり、行動を忘れていれば世話はない。

行動して現実に変化をもたらすことで、より精緻な数字が得られる。
前提だった数字が変わることだってある。

行動するのは分析が終わってから、では遅すぎる。

関連記事

  1. 釘を抜く

    苦労は少ない方がいい

  2. ビジネス心理学5_学習よりテスト(テスティング効果)

  3. 思考法その1〜自分に甘く、他人に厳しく(基本的帰属錯誤)

  4. 自分の代役は何をするだろうか?

  5. 思考法その5〜叱れば成績が伸びる?【平均への回帰】

  6. 「心の財布」では、お金に色が付く

最近の記事

  1. 2020.10.13

    数字は数字
  2. 2020.10.08

    罪とバス

カテゴリー

読書記録(ブクログ)