新しいことを、無理やりに

週に一回は妻と外食している。
最近決めたルールがある。それは「必ず新しい店で食べる」

定番のお店ではなく、(自分たちにとって)新しい店を開拓し、そこを使う。

人は歳をとると保守的になるというが、飲食店ですら冒険しなくなる。
自分の好みの味だとわかっていて、雰囲気も勝手知ったるところに行きたくなる。

そのまま年老いていくのも嫌だね、どうせ一回の食事なら、そこで新しい体験があった方が人生に彩りが出るよね、と、ここ半年くらいはそれを続けている。

幸いなことに、飲食店天国のわが国においては、新店舗がどんどんできるためネタに困ることはない。
本当に困ったら、検索範囲を徒歩から車で行けるレベルに拡大すればいい、おそらく一生かかっても回りきれない。

ある程度歳をとったら、多少無理やりにでも「新しいこと」を人生に組み込まないといけないと思う。
「老いる」とは、新しいことをしなくなった状態なのかもしれない。

関連記事

  1. 「目的」と「手段」

  2. ものの見方を考える②〜視点、視野

  3. N効果〜競争相手の数はほどほどが良い

  4. ODSC(目的、成果物、成功基準)の明確化

  5. 無用の用

  6. 意思決定はお腹の空いていない時に

最近の記事

  1. 2024.05.14

    写真修行

読書記録(ブクログ)