あいつだけずるい

「あいつだけずるい」と思うことはままある。
自分と対して変わらないのに、もしくは自分よりもレベルが(学歴が、容姿が、コミュ力が)低いのにも関わらず、
うまくやっている奴を見れば、誰だってそう思うのではないか。

仕事に限らない。恋愛でも、投資でも、人間関係でも、ずるく立ち回っているように見える人はいるものだ。

そこでどうするか。

一つは「自分も同じようにずるく立ち回ろう」。これは模倣戦略であり、うまくいくのなら一つの最適解だ。
もちろん、そう簡単に真似できるものではないと思うけれど。

他には「自分は別のやり方で満足のいくものを見つけよう」。これは差別化戦略だろうか。
やり方は何も一つではない、自分の性質を踏まえて、うまくいく方法を探して実践すればいい。
例えずるい奴ほどはうまくいかなかったとしても、納得はできるように思う。

一番だめだと思うのが、「あいつを貶めて、自分と同じところまで落とそう」だ。
エネルギーの使い方を間違えているし、ずるい奴が落ちたからといって自分が上がるわけでもない。

「全員で平等に、貧乏になろう」

これは社会主義を揶揄したフレーズだけれど、そうならないように「人は人、自分は自分」と超然としていたいものだ。
キラキラした他人の人生は、見ないに限る。SNSをほぼ辞めてしまった理由の一つだ。

関連記事

  1. 検索

    自分に合った中小企業診断士を見つけよう

  2. ビジネス、歯車、モデル

    テクノロジーから逃げるな

  3. 旅行、出張

    名古屋出張、熱田神宮へ

  4. 正義の刃が自分に向けられた時

  5. 比較しなければ判断できない

  6. 「がんばるタイム」制度の導入。クライアントの利益になるから

最近の記事

  1. 2024.02.26

    確実な未来
  2. 2024.02.16

    沖縄出張

読書記録(ブクログ)