武勇伝を話すなら

50年近く生きてしまったので、過去の「武勇伝」がいくつかある。
そしてそれを誰かに話すようなシーンも、ままある。

気をつけているのは、単なる自慢話、「俺SUGEEEEE」だけにならないようにすること。
笑えるエピソードや、失敗談を交えて話すようにしている。そうでないと聞いている側も面白くはないだろうから。

武勇伝に限った話ではないけれど、独りよがりな発言を繰り返す人に対して何か協力をしようという人はあまり居ないと思う。

それでも人は武勇伝を語る。
「すごいですね」と言われたい。
承認欲求というやつはとても厄介だ。拗らせると特に。

関連記事

  1. ガイドラインがあれば

  2. 間違ったウィン=ウィン(1)

  3. 敵に有利な報道ばかりしている〜敵対的メディア認知

  4. ささいな効率化(改革ではなく改善を)

  5. 「見える化」しなくていいこともある

  6. 分析による価値低減

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)