誰かが試してくれている

何か新しいことを始める時、一度調べた方がいい。
「誰か、同じようなことをやった人が居ないか」を。

ほとんどの事は誰かが既にやっている

世のなかに本当の意味でオリジナルなものなどほとんどなくて、
誰かが既にやっていることばかりだ。

誰かがやって成功していることもあれば、
失敗しているものある。
その成功や失敗もたまたま時代や環境が味方した故の結果で、
改めて今やってみれば別の結果になるかもしれない。

車輪を再発明する時間はもったいない

ネット時代、ちょっと調べれば(できれば英語の情報も検索してみれば)、
たいていのことは過去の事例が見つかるはずだ。

調べて、自分のおかれた環境に合わせて修正し、そして活用すればいい。
なにも先人と同じ失敗を繰り返す必要はない。

関連記事

  1. 「リスクゼロ」なら、それは効果がないということ

  2. その怒りは誰のため

  3. 平均のトリック(2)〜中央値(メジアン)

  4. 誤字脱字のデメリット(損失回避)

  5. ビジネス心理学4_ゼロベースは難しい(知識の呪縛)

  6. 期待値のコントロール

最近の記事

  1. 新年、鶴、富士山
  2. 2019.12.05

    カモは誰だ?
  3. 撮影、カメラ、草原

カテゴリー

読書記録(ブクログ)