誰かが試してくれている

何か新しいことを始める時、一度調べた方がいい。
「誰か、同じようなことをやった人が居ないか」を。

ほとんどの事は誰かが既にやっている

世のなかに本当の意味でオリジナルなものなどほとんどなくて、
誰かが既にやっていることばかりだ。

誰かがやって成功していることもあれば、
失敗しているものある。
その成功や失敗もたまたま時代や環境が味方した故の結果で、
改めて今やってみれば別の結果になるかもしれない。

車輪を再発明する時間はもったいない

ネット時代、ちょっと調べれば(できれば英語の情報も検索してみれば)、
たいていのことは過去の事例が見つかるはずだ。

調べて、自分のおかれた環境に合わせて修正し、そして活用すればいい。
なにも先人と同じ失敗を繰り返す必要はない。

関連記事

  1. かたつむり

    カエルは茹でたら普通に逃げる

  2. ビジネス心理学3_説明は簡単な言葉で(流暢性の処理)

  3. その怒りは誰のため

  4. アンカーポイントの「打ち方」

  5. 「なぜ」ではなく「どうしたら」

  6. コントロールできないことをやりがいにしない

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)