誰かが試してくれている

何か新しいことを始める時、一度調べた方がいい。
「誰か、同じようなことをやった人が居ないか」を。

ほとんどの事は誰かが既にやっている

世のなかに本当の意味でオリジナルなものなどほとんどなくて、
誰かが既にやっていることばかりだ。

誰かがやって成功していることもあれば、
失敗しているものある。
その成功や失敗もたまたま時代や環境が味方した故の結果で、
改めて今やってみれば別の結果になるかもしれない。

車輪を再発明する時間はもったいない

ネット時代、ちょっと調べれば(できれば英語の情報も検索してみれば)、
たいていのことは過去の事例が見つかるはずだ。

調べて、自分のおかれた環境に合わせて修正し、そして活用すればいい。
なにも先人と同じ失敗を繰り返す必要はない。

関連記事

  1. その論点、激論するほど重要?(自転車置き場効果) 

  2. 相手に引きずられてはいけない

  3. 無理に天国を作ろうとすると、たいてい地獄ができあがる

  4. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

  5. 繋がっているけれど、混ざってはいない

  6. 無用の用

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)