人が動く理由。「快楽」と「意味」と「没頭」

人が行動する動機は三つある。
「快楽」か、「意味」か、それとも「没頭」かだ。

快楽

これが一番わかりやすい。
その行動を取れば「気持ちがよい」のであれば、人は動く。
何を気持ちよいと感じるかは人それぞれだろう。

旅行、出張

意味

その行動に何らかの「意味」があるとすれば、
その際も人は動く。
経営理念の意義は、日々の仕事に「意味」を持たせることだと思う。

没頭

気持ちよくなくても、意味がなくても、
その行為自体に「没頭」することができれば、
やはり人は動く。

もっとも、没頭することが快楽に繋がるケースも
あるので、そのあたりの境界は曖昧だが。

「快楽」「意味」「没頭」から自社の商品・サービスを分析する

この3つの組みあわせで人が動くとすれば、
ビジネスのなかでどれをどんな割合で組み合わせるか?
がポイントとなる。
顧客だけでなく、従業員にも同じ事が言える。

顧客に提供しようとしているのは、「快楽」なのか、
「意味」なのか、それとも「没頭」なのか?

基本、商品・サービスの機能による「快楽」を提供している。
しかしブランドや社会的価値などで「意味」を付与できるし、
商品・サービスのファンとなって「没頭」するための
仕掛けも作ることができるだろう。

この3つの視点から、自社の商品・サービスを見直してみるのも面白い。

関連記事

  1. 神か悪魔かは、相手によって変わる

  2. 無用の用

  3. 「ぜんぜん準備してないよ」~自己ハンディキャッピングの弊害

  4. 疑問を解決する、壊す

    なぜうまくいっていないか

  5. 具体化と抽象化の繰り返し

  6. 詭弁その1〜多数論証、同情論証

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.12.17

    CTIの導入
  2. 旅行、出張
  3. 2018.12.15

    秋の公園

読書記録(ブクログ)