人が動く理由。「快楽」と「意味」と「没頭」

人が行動する動機は三つある。
「快楽」か、「意味」か、それとも「没頭」かだ。

快楽

これが一番わかりやすい。
その行動を取れば「気持ちがよい」のであれば、人は動く。
何を気持ちよいと感じるかは人それぞれだろう。

旅行、出張

意味

その行動に何らかの「意味」があるとすれば、
その際も人は動く。
経営理念の意義は、日々の仕事に「意味」を持たせることだと思う。

没頭

気持ちよくなくても、意味がなくても、
その行為自体に「没頭」することができれば、
やはり人は動く。

もっとも、没頭することが快楽に繋がるケースも
あるので、そのあたりの境界は曖昧だが。

「快楽」「意味」「没頭」から自社の商品・サービスを分析する

この3つの組みあわせで人が動くとすれば、
ビジネスのなかでどれをどんな割合で組み合わせるか?
がポイントとなる。
顧客だけでなく、従業員にも同じ事が言える。

顧客に提供しようとしているのは、「快楽」なのか、
「意味」なのか、それとも「没頭」なのか?

基本、商品・サービスの機能による「快楽」を提供している。
しかしブランドや社会的価値などで「意味」を付与できるし、
商品・サービスのファンとなって「没頭」するための
仕掛けも作ることができるだろう。

この3つの視点から、自社の商品・サービスを見直してみるのも面白い。

関連記事

  1. 職場生活の良し悪しを決める、重要な要因ふたつ

  2. 月夜

    月が大きく見えるのは

  3. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

    欲の過ぐるを惑という。足らざるも惑と言うなり

  4. 否定的な思考を、冷静に見つめる

  5. 成功体験は、回答数一名のアンケート調査

  6. かたつむり

    カエルは茹でたら普通に逃げる

最近の記事

  1. レール、分かれ道
  2. ディスコミュニケーション
  3. 2021.09.16

    暇がない方が
  4. 2021.09.08

    15分ルール

カテゴリー

読書記録(ブクログ)