それはもう試して、ダメだったんだ

中小企業診断士は、経営コンサルタントの国家資格だ。
仕事の内容はといえば、一般の?経営コンサルタントと大差ない。
企業が困っていることを、外部から解決する。

企業に何がしかの提案を行うと、冷笑まじりにこう言われる。
「そんなことはわかっている。その案ならもう試したよ、でも上手くいかなかったんだ」

条件は同一ではない

中小企業診断士だからって、誰もが思いつかなかったような斬新かつ効果のあるアイデアがぽんぽん出てくることはない。
その提案のほとんどは、どこかで聞いたような、ありきたりのものになるだろう。
企業によってはそれはもうすでに試して、ダメだったことかもしれない。

で、私は確認する。
「そうですか。うまくいかなかったというのは、いつ頃のことですか?」

当時とは条件が変わってないだろうか。
IT技術の進歩で解決できないか?メンバーの士気はどうか?
業界や競合の状況は変わっていないか?

試したのが先月なのか、10年前なのかで、結論はだいぶ変わってくる。

次こそは上手くやろう

「それはもう試した、ダメだった」
というのは、当時のその企業が置かれた条件下においてそうだった、というひとつの情報でしかない。

過去にその案がうまくいかなかった理由をきちんと分析して、
「次こそは上手くいく」ようにしよう。

条件は刻々と変わっている。上手くいく確率は過去と比較して上がっているかもしれない。
それに今回は、中小企業診断士という強い味方も居るのだから。

関連記事

  1. 多数の筆

    全ての情報は加工されている

  2. 脳さえ残っていれば

  3. 業務フロー

    答えが見つからないのなら、問いが間違っている可能性がある

  4. 視点を変える(3)〜立場を動かす

  5. そこにデータが、ソリューションがあるのに

  6. 間違った道、方向

    「俺の意見を支持する情報ばかりだ」確証バイアス

最近の記事

  1. 2023.02.01

    東京でも7位

カテゴリー

読書記録(ブクログ)