学習の4段階(意識×能力のマトリクス)

未来への扉、どこでもドア

人が何かを学ぶとき、4つの段階を順番に登っていくと言われている。

  1. できないことを知らない【無意識・無能力】
  2. できないことを知っている【意識・無能力】
  3. 意識すればできる【意識・能力あり】
  4. 意識しなくとも自然にできる【無意識・能力あり】

1)は論外だろう。できないことを知らない、もしくは、できないのにできると思っている状態だ。
まずは自分ができることとできないことを認識する2)の段階に行けば、何が足りないのか、どうしたらその分野を学ぶことができるのかがわかる。
そして3)の段階にいけば、いわゆる仕事ができる状態になる。
意識せずとも自然にそのことができる4)の段階に到達したときに、人は「プロフェッショナル」と呼ばれるのだろう。

関連記事

  1. 物事の「つながり」を意識する〜システム思考〜(県診断協会HP寄稿)

  2. アイデアの出し方〜「古典:アイデアのつくり方」より

  3. 良いことをしたのだから(モラル正当化効果)

  4. 文化祭の前日メソッド(忙しいときの考え方)

  5. 業務フロー

    答えが見つからないのなら、問いが間違っている可能性がある

  6. 遊びの再評価〜ゲーミフィケーション①

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)