学習の4段階(意識×能力のマトリクス)

未来への扉、どこでもドア

人が何かを学ぶとき、4つの段階を順番に登っていくと言われている。

  1. できないことを知らない【無意識・無能力】
  2. できないことを知っている【意識・無能力】
  3. 意識すればできる【意識・能力あり】
  4. 意識しなくとも自然にできる【無意識・能力あり】

1)は論外だろう。できないことを知らない、もしくは、できないのにできると思っている状態だ。
まずは自分ができることとできないことを認識する2)の段階に行けば、何が足りないのか、どうしたらその分野を学ぶことができるのかがわかる。
そして3)の段階にいけば、いわゆる仕事ができる状態になる。
意識せずとも自然にそのことができる4)の段階に到達したときに、人は「プロフェッショナル」と呼ばれるのだろう。

関連記事

  1. 可能と不可能、それを識別する知恵

  2. 間違った道、方向

    喜びも悲しみも、思ったより続かない〜継続バイアス

  3. アイデアがまとまる

    極論に逃げない

  4. 見える化〜ゲーミフィケーション③

  5. 選択肢が増えるのは良いことだ

  6. 喜劇と思えるように

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)