文化祭の前日メソッド(忙しいときの考え方)

忙しいときは、
「いまは文化祭の前日だ」と
思い込むことにしています。

大学の学祭の時は、
連日夜を徹して準備に取り組み、
疲れもそれほどではなかったと記憶しています。

皆で目標に向けて努力するのが
楽しかったのでしょう。
楽しさが、疲れを忘れさせたのだと。

なので、冒頭の文章に戻ります。
忙しいときは、「いまは文化祭の前日だ」と
思い込む。

  • 従業員と一緒にやる。
  • 小刻みに目標を設定する。
  • パートナー企業と密に連携する。
  • 成果物を明確にする。

仕事の量や難易度は変わらなくとも、
考え方ひとつで気分が楽になるのなら、
ちょっと自分を騙してみてもいいと思いません?

関連記事

  1. 疑問を解決する、壊す

    なぜうまくいっていないか

  2. ビジネス心理学4_ゼロベースは難しい(知識の呪縛)

  3. YESでもNOでも、その理由を説明する

  4. 間違った道、方向

    「彼はずっと人格者だった、そして、これからも?」一貫性バイアス

  5. 何もしていないと、人間関係について考えてしまう

  6. 幽霊、おばけ、モノクロ

    見ているけれど、見えてはいない(変化の見落とし)

最近の記事

  1. 2020.02.11

    明治村

カテゴリー

読書記録(ブクログ)