文化祭の前日メソッド(忙しいときの考え方)

忙しいときは、
「いまは文化祭の前日だ」と
思い込むことにしています。

大学の学祭の時は、
連日夜を徹して準備に取り組み、
疲れもそれほどではなかったと記憶しています。

皆で目標に向けて努力するのが
楽しかったのでしょう。
楽しさが、疲れを忘れさせたのだと。

なので、冒頭の文章に戻ります。
忙しいときは、「いまは文化祭の前日だ」と
思い込む。

  • 従業員と一緒にやる。
  • 小刻みに目標を設定する。
  • パートナー企業と密に連携する。
  • 成果物を明確にする。

仕事の量や難易度は変わらなくとも、
考え方ひとつで気分が楽になるのなら、
ちょっと自分を騙してみてもいいと思いません?

関連記事

  1. 業務フロー

    答えが見つからないのなら、問いが間違っている可能性がある

  2. ものの見方を考える③〜視座

  3. ほとんどの場合、原因は悪意ではなく能力不足(ハンロンの剃刀)

  4. 金銭には人間を人格的な服従から解放する機能がある

  5. スカラーとベクトル

  6. 「テキサスの狙撃兵」成功事例のみを声高に話す

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)