文化祭の前日メソッド(忙しいときの考え方)

忙しいときは、
「いまは文化祭の前日だ」と
思い込むことにしています。

大学の学祭の時は、
連日夜を徹して準備に取り組み、
疲れもそれほどではなかったと記憶しています。

皆で目標に向けて努力するのが
楽しかったのでしょう。
楽しさが、疲れを忘れさせたのだと。

なので、冒頭の文章に戻ります。
忙しいときは、「いまは文化祭の前日だ」と
思い込む。

  • 従業員と一緒にやる。
  • 小刻みに目標を設定する。
  • パートナー企業と密に連携する。
  • 成果物を明確にする。

仕事の量や難易度は変わらなくとも、
考え方ひとつで気分が楽になるのなら、
ちょっと自分を騙してみてもいいと思いません?

関連記事

  1. 意義はあるけれど、効果はほとんどない

  2. 経営コンサルタントは「翻訳業」である

  3. 未来の自分は他人に思える

  4. レール、分かれ道

    干渉効果を避ける。ルールを破るなら理由が必要

  5. 数字、数学、パズル

    暗数。「見える化」で、未だ見えない部分を意識する

  6. それはもう試して、ダメだったんだ

最近の記事

  1. 新年、鶴、富士山
  2. 2019.12.05

    カモは誰だ?
  3. 撮影、カメラ、草原

カテゴリー

読書記録(ブクログ)