電子ペーパーの視認性を選ぶ〜ポメラDM30

上位機種であるポメラDM200を持っているのにもかかわらず、
DM30を追加買いした。

ポメラはメモ帳程度の機能しか無い端末で、
一部マニア(私のような)にカルトな人気がある。

観音開きのキーボードを採用しており、コンパクトに折りたためる。

基本機能はDM200に劣るものの、今回新たに採用された電子ペーパー(E-ink Pearl)の画面は魅力的だ。
電子ペーパーは発光しないので、まるで紙のように見える。晴天下でもくっきりと。(ただし暗い場所では見えない。それも紙と一緒)

電子ペーパーの最大の弱点は画面の書き換えが遅いことだ。
キーボードを打っていると若干入力に追いついていないような気がする。
私は秒5打程度のスピードなので、もっと入力が早い人はストレスになるのかもしれない。

DM200との使い分けが難しいところだが、しばらく併用してみる。

関連記事

  1. 持ち運びマシンを変更

  2. 騒音に我慢できない

    無音の世界で集中する(3M PELTOR X5A レビュー)

  3. 本棚

    【電子書籍リーダー】Amazon Kindle Oasis

  4. 7年振りの新型トラックボールマウス MX Ergo

  5. 関数電卓、単機能機の美しさ

  6. 頭の中のものを外に出す

    Apple Watch Series 4。もはや他の時計は要らない

最近の記事

  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)