電子ペーパーの視認性を選ぶ〜ポメラDM30

上位機種であるポメラDM200を持っているのにもかかわらず、
DM30を追加買いした。

ポメラはメモ帳程度の機能しか無い端末で、
一部マニア(私のような)にカルトな人気がある。

観音開きのキーボードを採用しており、コンパクトに折りたためる。

基本機能はDM200に劣るものの、今回新たに採用された電子ペーパー(E-ink Pearl)の画面は魅力的だ。
電子ペーパーは発光しないので、まるで紙のように見える。晴天下でもくっきりと。(ただし暗い場所では見えない。それも紙と一緒)

電子ペーパーの最大の弱点は画面の書き換えが遅いことだ。
キーボードを打っていると若干入力に追いついていないような気がする。
私は秒5打程度のスピードなので、もっと入力が早い人はストレスになるのかもしれない。

DM200との使い分けが難しいところだが、しばらく併用してみる。

関連記事

  1. ティッシュケースもアイデア一つで機能的に

  2. Surface Book 2。久しぶりのWindows端末

  3. 仕事してるとき、足がヒマそうだ。ならば・・・

  4. オーディオ機器を統一(BOSE WAVE SOUNDTOUCH MUS…

  5. 頭の中のものを外に出す

    GoogleHome。未来を感じるガジェット

  6. 騒音に我慢できない

    無音の世界で集中する(3M PELTOR X5A レビュー)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 数字、数学、パズル

読書記録(ブクログ)