何もしていないと、人間関係について考えてしまう

人間は、何もしないでいるとつい
「人間関係」について考えてしまうそうだ。
デフォルトモードネットワークという、
何も考えてない時に動作する脳内のシステムがそうさせるらしい。

そういう意味では、人間関係のごたごたに巻き込まれた際に、
外出せず自宅の布団の中でうじうじ
しているのが最も悪い対応だということになる。

スポーツや読書、誰かと話すなど、何でもいいので
「何もしない、ぼーっとした時間」を極力減らせば、
人間関係についてついつい悩んでしまう、
という思考を回避できる。

もちろん、いま抱えている人間関係の問題を
解決するためには、どこかで時間を取りその
問題についてじっくり考える必要があるのは
言うまでもない。

関連記事

  1. 遠くを見る

    6つの帽子(強制的に視点を変える)

  2. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    システム思考(3)〜ループ図(その2)

  3. 未来の自分は他人に思える

  4. 仮面で握手

    インポスター症候群(自分は詐欺師なのではないか)

  5. ビッグワードに注意。焦点を絞って確認すること

  6. 運がよくなる法則(ただし、科学的に)(1)

最近の記事

  1. 新年、鶴、富士山
  2. 2019.12.05

    カモは誰だ?
  3. 撮影、カメラ、草原

カテゴリー

読書記録(ブクログ)