何もしていないと、人間関係について考えてしまう

人間は、何もしないでいるとつい
「人間関係」について考えてしまうそうだ。
デフォルトモードネットワークという、
何も考えてない時に動作する脳内のシステムがそうさせるらしい。

そういう意味では、人間関係のごたごたに巻き込まれた際に、
外出せず自宅の布団の中でうじうじ
しているのが最も悪い対応だということになる。

スポーツや読書、誰かと話すなど、何でもいいので
「何もしない、ぼーっとした時間」を極力減らせば、
人間関係についてついつい悩んでしまう、
という思考を回避できる。

もちろん、いま抱えている人間関係の問題を
解決するためには、どこかで時間を取りその
問題についてじっくり考える必要があるのは
言うまでもない。

関連記事

  1. 「心の財布」では、お金に色が付く

  2. リズムにのって仕事する(ポモドーロテクニック)

  3. ものの見方を考える①(視点・視野・視座)

  4. 壊れていないのなら直すな

  5. 豆を一つ選ぶ

    そのサンプルは適切か?(チェリーピッキング)

  6. 大きさに応じてやり方は変わる(スケーリングの誤解)

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)