有限のシステム

有限のシステムの中で無限の成長を遂げられるなどと考えるのは、頭がどうかしているか、さもなければ経済学者か、どちらかだ。
ー ケネス・ボールディング

どんなシステム(ここではITに限らず、仕組みや生態系、といった意味)にも限界はある。
限界がないように見えるのは、自分が想定しているシステムの「外部」に負荷をかけているのを見ていないだけだ。(環境問題などはまさに典型的)

あらゆるシステムが有限なのであれば、どんなに上手く言っているように見えるシステムだろうと、いつか成長は止まる。
だからといってそのシステムに関わる人達の生活は続く。システムを改良するか、別のシステムに乗り換えるか。

移行のタイミングを間違えば、システムは崩壊するだろう。崩壊の程度によっては、もう二度と復活できないかもしれない。(倒産した会社などを想像して欲しい)

関連記事

  1. グラフ

    情報の分類方法(5つの帽子掛け)

  2. アイデアは組み合わせ(USB電池)

  3. 「偽陽性」に注意。良い状態なのにそうでないと判断される危険

  4. 環境を、若い頃のように

  5. 自分を騙してはいけない

  6. ビジネス、歯車、モデル

    わかっているけどやれない?

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)