6つの帽子(強制的に視点を変える)

遠くを見る

思考を深めるために、敢えていろいろなキャラクターを作ることで多方面から問題を検討するのが「6つの帽子」と呼ばれる手法だ。
具体的には、下記の6つの視点を「帽子の色」で表現している。

  • 白い帽子(中立的視点。事実やデータを重視する)
  • 赤い帽子(感情的視点。理念やビジョン、感情を動かすような出来事を重視する)
  • 黒い帽子(批判的視点。失敗を想定した悲観的な視点で検討する)
  • 黄色い帽子(積極的視点。ポジティブな評価を重視する)
  • 緑色の帽子(創造的視点。突飛なアイデアや芸術的、文化的な視点を検討する)
  • 青い帽子(手続的視点。冷静に損益や思考プロセスを検証する)

通常、どんな人間にも思考のクセがあり、ひとつないし二つ程度の「帽子」しか持っていない。
積極的(黄色)で感情的(赤色)な人は、白や青といった視点から物事を見ることが少ない。

敢えて6つの帽子を意識すれば、自分の思考のクセに囚われない、より確度の高い意思決定が可能になるだろう。
なお、一人六役でやっても構わないし、6人にそれぞれの帽子役を割り当てて検討しても構わない。

関連記事

  1. 仮面で握手

    インポスター症候群(自分は詐欺師なのではないか)

  2. ビジネス、歯車、モデル

    システム思考(1)〜ものごとのつながりに注目する

  3. 問題への対処法(2)どの地点で気づくかで対処法は変わる

  4. 見える化〜ゲーミフィケーション③

  5. それが日常になれば、そのおかしさに無自覚になる

  6. 何を書かないかを考える

最近の記事

  1. アイデアがまとまる
  2. 2021.07.15

    feel,felt,found

カテゴリー

読書記録(ブクログ)