舟にすがってひと休みしろ

紀州藩の藩祖、徳川頼宣のエピソードらしい。

頼信が小舟に乗って、若者たちの泳ぐの見ていると、一人が溺れ始めた。
舟の上にいた頼信の付き人が、
「苦しかったら、早く舟にすがれ」
といったのを、頼信が訂正し、
「そういう言い方をするものではない。それでは、若者を殺すことになるぞ。
同じ言うなら、『舟にすがってひと休みしろ』というのだ。

「苦しかったら**しろ」と言われ、従えば、自分が苦しんでいることを認めることになる。
それはプライドが許さない。結果、差し伸べた手を拒否し、状況はますます悪くなってしまう。

「問題があれば相談してくれ」と、私はよく言う。
しかしそれも前述のエピソードと同じで、こちらが望んだ効果を出せてないのかもしれない。

問題があれば相談してくれ、の裏返しは、相談がないのなら問題はない、だ。
そう考えれば(管理者としては)ラクに違いない。でも、たぶん違う。

そこには、問題があっても相談できない人、そもそもそれが問題なのかどうかわからない人のことが抜け落ちてしまっているように思う。

関連記事

  1. 比率ではなく頻度で考える

  2. 3種類のエラー(スリップ、ミステイク、ラプス)

  3. 頭の中のものを外に出す

    自分の影響は、つい過大評価してしまう

  4. ビジネス心理学3_説明は簡単な言葉で(流暢性の処理)

  5. 間違いを認め、なぜ間違えたのかを突き詰める

  6. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)