とにかく手を付けてみる

やりたくない仕事というものはある。
仕事相手となんとなくしっくりこなかったり、
未体験の分野で不安だったり、
慣れた分野だと、飽きてしまっていたり。

できるんだけど、なんとなくやる気にならない・・・
そんな時は、「いいからとにかくやってみる」ことだ。

精神論のように聞こえるがそうではない。

少しでも着手してみれば、ボリューム感の見通しがつく。
ゴールまでの道筋がわかれば、やる気もでてくる。
また、作業をしているうちにやる気が出る、という現象もある(作業興奮)。

悩んでいると思ったら

つまり、始めてしまえばなんとかなるのだ。
実際に行動に移してみると、
「こんなに簡単に終わるのに、なぜいままでうだうだ悩んでたのだろう?」
と、拍子抜けすることもしばしばだ。

仕事を高速で進めていくなかで一番、無駄な時間が悩む時間です。
悩むくらいなら、まずは取り掛かってみたほうが早い。
そうすれば課題も見えてきて、解決方法を誰かに相談することもできます。
悩んでいる状態でいると、他の人も手伝いにくい。

-「最強のライフハック100」小山龍介著より

自分がいま、悩んでいる、と思ったら。
考えるのを辞めて、手を動かしてみよう。
多少の回り道をしたとしても、解決策が見えてくるはずだ。

関連記事

  1. 「悩む」と「考える」は違う

  2. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

    欲の過ぐるを惑という。足らざるも惑と言うなり

  3. アイデアの出し方〜「古典:アイデアのつくり方」より

  4. 創造力とは才能ではない

  5. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

  6. 曲がりくねった道

    最善ではなく満足を

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)