なぜうまくいっていないか

疑問を解決する、壊す

売上や利益、来店者数など、経営分析には様々な指標が用いられる。
「見える化」というやつで、指標を定期的に確認して変化に気づき、対処することは実際に効果もある。

それでは、指標を分析するシステムを作れば経営はうまくいくかと言えば、そうとも言えない。
もしそうなら、成功する経営者は皆、数学的素養に長けたものでなければならないだろう。

指標は「何がうまくいっていないか」を伝えることはできますが、「なぜうまくいっていないか」を伝えることはできません。
それが指標の問題点です。

-図解 リーン・スタートアップ成長戦略より

指標を見ていれば、「何がうまくいっていないか」はわかる。
しかし、「なぜうまくいっていないか」はわからない。

「なぜ」の理由を考え、実験し、検証する。
それは指標を見る能力とは関係ない。論理思考や一般教養、人間の心理に関する深い理解が必要になる。

関連記事

  1. 富を軽蔑しない(利益をしっかりと出す)

  2. アイデアは組み合わせ(USB電池)

  3. ビジネス心理学5_学習よりテスト(テスティング効果)

  4. 反論の「質」を7段階で評価する

  5. ものの見方を考える①(視点・視野・視座)

  6. 人は理由があれば納得する、その内容はあまり関係がない

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)