どちらを選んでも

小さいとはいえ企業を経営していると、毎日のように大小さまざまな選択を強いられる。
どっちでもいいような細かいこともあれば、これは間違えると会社潰れるかもな・・と思わせるような大きなものまで。

悩んでも正解はわからない。だって未来のことなのだから。
現状のデータをできるだけ収集して、少しでもうまく行く確率が高そうな手段を選ぼうとする。

「選ばなかった方」を選んでいたらどうなったのかは永遠にわからない。
人生にはリハーサルも、テイクツーもない。
でも、選ぶ際にしっかりと悩んで答えを出していさえすれば、少なくとも納得めいたものは得られる。

誰かに選んでもらったり、サイコロで決めたりしたら、うまくいかなかった時に「納得」を得られないように思う。

ちなみに悩んだ時にサイコロを振って決める方法はある。
ただし結論をサイコロで決めるのではなく、サイコロに仮に決めさせることで自分の意思を確認する方法だ。

コイン投げで決めてみる? | 株式会社フロウシンク
https://flowthink.jp/thinking/toss/

関連記事

  1. 「目的」と「手段」

  2. もういちど、5W1H(1)

  3. 撮影、カメラ、草原

    焦点錯覚。今見ているものを過剰に評価する

  4. 無用の用

  5. 「大幅値下げ」の行動経済学的意味付け(アンカリング効果)

  6. 可能と不可能、それを識別する知恵

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)