コイン投げで決めてみる?

サイコロ、ダイス

選択肢が二つあって、
いくら考えても決定ができないとき。
コイン投げで決めてみてはどうだろうか?

いったん決定することで、自分の本当の気持ちに気づく

何も運を天に任せろとか、
どちらでもいいじゃないかとか
主張したいわけじゃない。

例えば、A案とB案があるとする。
どちらも優劣付けがたい。
そこでコイン投げで決める。結果、A案となった。

ここで改めて考える。
「さっきまではどちらも
 優劣付けがたいと思っていたけれど、
 本当にA案で良いのか?」
と。

外部の力(ここではコイン投げ)で強制的に決めてしまうことで、
それまでとは別の視点から自分の気持ちを眺めることができる。

結果、自分が本当にしたいのは
B案だということに気づくかもしれない。

コイン投げの結果が重要なのではなく、
強制的に選択することで、停滞した思考を
前に進めることができる、という意味。

関連記事

  1. 認知心理学の視点から見た「頭のいい人」とは

  2. 意思決定の前に「歪んだ認知」を修正する

  3. 時間軸と空間軸でアイデアを出す

  4. 平均のトリック(3)〜最頻値(モード)

  5. ODSC(目的、成果物、成功基準)の明確化

  6. 月夜

    月が大きく見えるのは

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)