コイン投げで決めてみる?

サイコロ、ダイス

選択肢が二つあって、
いくら考えても決定ができないとき。
コイン投げで決めてみてはどうだろうか?

いったん決定することで、自分の本当の気持ちに気づく

何も運を天に任せろとか、
どちらでもいいじゃないかとか
主張したいわけじゃない。

例えば、A案とB案があるとする。
どちらも優劣付けがたい。
そこでコイン投げで決める。結果、A案となった。

ここで改めて考える。
「さっきまではどちらも
 優劣付けがたいと思っていたけれど、
 本当にA案で良いのか?」
と。

外部の力(ここではコイン投げ)で強制的に決めてしまうことで、
それまでとは別の視点から自分の気持ちを眺めることができる。

結果、自分が本当にしたいのは
B案だということに気づくかもしれない。

コイン投げの結果が重要なのではなく、
強制的に選択することで、停滞した思考を
前に進めることができる、という意味。

関連記事

  1. ビジネス心理学6_将来は過去ほど変化しない(歴史の終わり錯覚)

  2. 視点を変える(1)〜過去、現在、未来

  3. 思考法その4〜努力は必ず報われる?【欠落したケース】

  4. 間違った道、方向

    「俺の意見を支持する情報ばかりだ」確証バイアス

  5. 正義、校正、法律

    いちばんたちが悪いのは「自分が正義」だと信じている人間

  6. サイコロ、ダイス

    それは珍しいケースなのか、それとも

最近の記事 おすすめ記事
  1. 多数の筆