コイン投げで決めてみる?

サイコロ、ダイス

選択肢が二つあって、
いくら考えても決定ができないとき。
コイン投げで決めてみてはどうだろうか?

いったん決定することで、自分の本当の気持ちに気づく

何も運を天に任せろとか、
どちらでもいいじゃないかとか
主張したいわけじゃない。

例えば、A案とB案があるとする。
どちらも優劣付けがたい。
そこでコイン投げで決める。結果、A案となった。

ここで改めて考える。
「さっきまではどちらも
 優劣付けがたいと思っていたけれど、
 本当にA案で良いのか?」
と。

外部の力(ここではコイン投げ)で強制的に決めてしまうことで、
それまでとは別の視点から自分の気持ちを眺めることができる。

結果、自分が本当にしたいのは
B案だということに気づくかもしれない。

コイン投げの結果が重要なのではなく、
強制的に選択することで、停滞した思考を
前に進めることができる、という意味。

関連記事

  1. 成功体験は、回答数一名のアンケート調査

  2. ブレイン・ダンプ。思考のもろもろを外に出す

  3. 視点を変える(4)〜関係性を変える

  4. インプットとアウトプット、その間にあるもの

  5. 怒っても仕方が無い。システムを変えよう

  6. 働き方が悪いだけの話さ

最近の記事

  1. レール、分かれ道
  2. ディスコミュニケーション
  3. 2021.09.16

    暇がない方が
  4. 2021.09.08

    15分ルール

カテゴリー

読書記録(ブクログ)