「テキサスの狙撃兵」成功事例のみを声高に話す

「テキサスの狙撃兵」という話がある。

狙撃兵が銃弾を撃つ。
50発撃って、うち5発が的に当たった。

狙撃兵は的に歩み寄り、
的に当たった5発だけに印を付けて
「百発百中だ!すごいだろう」
と、自慢してみせる。

なぜテキサスなのかはわからない。
(たぶんアメリカンジョークなのだろう)

周りにもいる「テキサスの狙撃兵」

この話だけ聞けば笑い話だけど、
現実には似たような話はいっぱいある。

成功事例だけを語る経営者やコンサルタントは、
テキサスの狙撃兵と同じ事を
しているのかもしれない。

自社製品の悪いところを
顧客に伝えない営業もしかりだ。

強みと弱みをセットで話す

テキサスの狙撃兵のトリックは、
実際に仕事をさせてみれば簡単にバレてしまう。
#だって、的にほとんど当たらないのだから

なのでクライアントには
「金融機関や取引先に自社の強みを話す際には、
併せてどこが弱みかも話してください。」
といつも言っている。

良いところをアピールするだけではなく、
悪いところも(少しだけ)話す。
ただし、悪いところは今後
どう改善していくかもセットで。

関連記事

  1. 思考法その6〜いじめられる側にも責任が?【公正世界仮説】

  2. 困難は分割せよ

  3. ビジネス心理学3_説明は簡単な言葉で(流暢性の処理)

  4. YESでもNOでも、その理由を説明する

  5. 意思決定の前に「歪んだ認知」を修正する

  6. 間違った道、方向

    「彼はずっと人格者だった、そして、これからも?」一貫性バイアス

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)