プラスアルファ

Googleストアでガジェットを買った。郵送物の中、緩衝材の代わりにポテトチップスが入っていた。

Googleが開発した最新のCPUチップを使ったケータイだったので、チップをかけたのだろう。
こういうアイデアで顧客をクスリとさせることを忘れてはいけないな。IT企業のこういう茶目っ気は好きだ。

もちろん、ただの緩衝材と比べたらコストはかかるわけで、きちんと利益を取った上で初めてできることではある。
当社の場合、郵送物はないため同じことはできない。でも、何か同じようなアイデアで顧客をクスリとさせることができないか、考えてみたい。

関連記事

  1. 情報の「鮮度」と「信頼性」

  2. 具体化と抽象化の繰り返し

  3. 深刻な事態でも冗談が言えるように

  4. みんなって誰?エコーチェンバー現象

  5. その論点、激論するほど重要?(自転車置き場効果) 

  6. 配られたカードでうまくやるしかない

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)