自分の代役は何をするだろうか?

これは有名企業であるインテルのエピソードだ。

この会社にも苦境があった。
それまで会社を支えてきたメモリ事業に
競争力がなくなってきたが、
撤退すべきかどうかの結論が出せなかった。

メモリ事業はインテルのコア技術と
考えられていたし、フルラインの製品を
揃えているべきというマーケティング上の理由もあった。

議論が膠着状態になったとき、
当時の経営陣であるアンディ・グローブとコードン・ムーアは
こんな会話をしたそうだ。

「僕らがお払い箱になって、
取締役会が新しいCEO(最高経営責任者)
を連れてきたら、そいつは何をするだろう?」

ゴードンは間髪いれずこう言った。「メモリから撤退するだろうな」

私はしばし呆然と彼を見つめて、それからこう言った。
「それなら僕らが一度会社を辞めたつもりになって、自分達の手でそれをしたらどうだい?」

ーなぜリーダーは「失敗」を認められないのか リチャード・S・テドロー著より

このあとCPUの製造に軸足を移した
インテルの躍進は語るまでもないだろう。

視点を変えるのは難しい

視点を変えるのは難しい。
これまでの歴史や自分の思考のクセに
どうしてもしばられてしまうからだ。

その分野に詳しければ詳しいほど、
変えられない理由ばかりが頭に思い浮かぶ。

インテルの経営陣のような「自分がクビになって、
新しい経営者が来たら、彼はまずなにをするだろうか」という視点は、
一旦自分のしがらみから離れて、冷静に対象を見るという意味で有益な考え方だと思う。

[amazonjs asin=”4532197597″ locale=”JP” title=”なぜリーダーは「失敗」を認められないのか (日経ビジネス人文庫)”]

関連記事

  1. 環境を、若い頃のように

  2. 無理に天国を作ろうとすると、たいてい地獄ができあがる

  3. ビッグワードに注意。焦点を絞って確認すること

  4. 正義、校正、法律

    道徳ではなく知性を用いる

  5. 王様

    カリスマを高める方法

  6. 3種類のエラー(スリップ、ミステイク、ラプス)

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)