わかっているけどやれない?

ビジネス、歯車、モデル

「知っているけど、わかっているのだけど、やれないんだよね・・・・」という言い訳やぼやきをよく聞く。
資格の勉強やダイエット、仕事・・分野に係わらず。

陽明学の開祖である王陽明が書いた「伝習録」に以下のような記述があった。

「知っているのに行わないというのは、それは本当はまだよく知らないということだ」

「わかっているけどできない」と嘆いている人は、王陽明が言うように、本当の意味でわかっていないから、つまり「腹に落ちて」いないから、いつまでたってもそれをできないのかもしれない。

その行動を取ることが自分の将来にどのような影響を及ぼすのか、その行動を取ることで失うものは何なのか。
ほんとうは、自分が思っているよりも深い「理解」があって、そこにたどり着かないうちにわかったふりをしているから、「わかっているけどやれない」と思っているのではないだろうか。

関連記事

  1. 「農耕民族」では説明にならない。

  2. 平均のトリック(3)〜最頻値(モード)

  3. 頭の中のものを外に出す

    自分の影響は、つい過大評価してしまう

  4. 業務フロー

    答えが見つからないのなら、問いが間違っている可能性がある

  5. 因果関係を混同してはいけない

  6. 運がよくなる法則(ただし、科学的に)(3)

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)