不安に引きずられる

不安な時代だ。

コロナへの「特別」対応が、いつ終わるのか見えない。
「この2週間我慢して」という話だったはずが、その我慢がずっと続いている。

今後の社会の変化は急激だろうが、その帰結もまだ見えない。

不安を口にする人達が周囲に増えれば、それに引きずられて自分も不安になってしまう。
思考や感情は伝染していく。それがポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ。

不安を解消するには、とにかく行動するしかないと思っている。

仮にその行動が、たいして意味のないことだって、やれば何かの変化はあるだろう。
たとえ効率は悪くても、わずかばかりでも効果があるのであれば。いや、マイナスの効果しか生まなくても、それが致命的なものでなければ、不安に包まれたままでいるよりはいくらかマシかもしれないとすら思う。

関連記事

  1. ・・・定評がある、という言葉を使いたくない理由

  2. その怒りは誰のため

  3. 間違ったウィン=ウィン(1)

  4. アンカーポイントの「打ち方」

  5. 因果関係を混同してはいけない

  6. 3つの制約条件

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)