解決できないこと

「怖いんだよ」
「中世のペスト流行時はユダヤ人が大量に虐殺された、水源にペストの毒を入れたって言わされたりしてね・・・」
「すぐに思いつく対象を攻撃して問題を「解決」しようとするのは、500年間変わらない人間の営みさ・・・」
「そもそも無理なのかもしれないな・・・人間は解決できない事に耐えられないのかもしれない」

漫画「リウーを待ちながら」より

人間は解決できない事に耐えられない。
終わりが見えない行動をし続けることは辛い。

答えが欲しい。なんとか解決したい。もやもやする。
そうだ、悪いのはあいつじゃないか?
シンプルな答えを繰り返し叫ぶ人についていきたくなる。
どんなことにだって、それなりの理屈をくっつけることは可能だ。

科学がまだ未発達の頃、人間は恐怖を説明し解決する手段として神や悪魔、妖怪という架空の存在を創り出した。
21世紀の今でも、恐怖の本質は変わってはいない。
巷に溢れるデマや過剰反応と、それに踊らされる自分を客観的に眺めてみれば、人間とはこういうもんなんだなと、理性の敗北を感じてしまう。

関連記事

  1. 参拝。神に願うのではなく、自身を振り返る時間

  2. ただし自分を除いて

  3. 性弱説。その人善なれど、弱し。

  4. 踊れ。音楽の続く限り

  5. 花を愛でる余裕(精神的にキツイかどうかの判断基準)

  6. 人には愚かなことをする権利がある

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)