ゲシュタルトの祈り。それぞれが、それぞれに

フリッツ・パールズという人が1960年代に作った「ゲシュタルトの祈り」という詩がある。

私は私のことをして、あなたはあなたのことをする。
私はあなたの期待に応えるために、この世にいるわけではない。
あなたは私の期待に応えるために、この世にいるわけではない。
あなたはあなた、私は私。
もし偶然二人出会うことがあれば、それはそれですばらしいこと。
けれどもし、出会うことがなければ、それはそれで致し方のないこと。

「本当の大人」になるための心理学/諸富祥彦より引用

冷たいように感じる人もいるかもしれない。
だが、「人は他者と分かり合えない」という前提からスタートして、
それでも一緒にできることを探すというアプローチは私にはしっくりきた。

それぞれが自分の利益(それは金銭に限らない)を追求していったら、
結果として皆が幸せになる。「思いやり」とか「絆」といった不安定なものに頼るより、
よほどわかりやすい。

関連記事

  1. 騙した人間は誰?

  2. 歴史あるものばかりを

  3. 偶然の旅人

  4. 経営者になりたかっただけ

  5. 他人に私のために生きることを求めない

  6. 他人の過ちから

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)