小刻みに修正する。朝令暮改を恐れない

計画は作ったら終わり、ではない。
絶えず状況の変化に気を配り、計画からの「ズレ」を調べる必要がある。
ズレが発生しているのなら、すぐに修正する。ズレが発生したのに放置していれば、計画からどんどん外れてしまう。

人はなぜズレを放置するのだろうか?
前言を翻すことを恐れ、間違いを指摘されることに怯えるからだろうか。
目的を達成するためになら、それらは些事にすぎないのだけれど。

計画からズレている今の方向性こそが正しい可能性もある。
そもそもの計画がおかしかったのかもしれない。
その際は計画を見直す必要があるだろう。

関連記事

  1. 「標準」ではない標準世帯

  2. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

    解決策の「射程距離」

  3. パズルを組み合わせる

    経営資源を列挙し、その一部が失われることを想像する。

  4. フロウシンクは、経営革新等支援機関(認定支援機関)です。

  5. 九州経済産業局「事業化支援専門家一覧」に掲載されました。

  6. 大負けを避ける選択

最近の記事

  1. 2024.02.26

    確実な未来
  2. 2024.02.16

    沖縄出張

読書記録(ブクログ)