時は流れる。積み重ねるかどうかは自分次第

砂時計

事務所のデスクに砂時計を置いています。
パソコンやスマホの正確なタイマーがありますので、砂時計を実用的に使うことはありません。

それでも敢えて砂時計を置いています。

時間の流れを感じたいからです。アナログ・デジタル、どちらの時計も時間はわかります。
しかし砂時計は、砂が下に落ちていくことで、時間が「流れている」ことがよりビジュアル的に理解できます。

仕事が忙しいのにどうしても集中できないとき、砂時計をひっくり返します。
時間が流れています。そして、砂時計の下に砂が積み重なっていきます。

時間はぼけっとしてても、コツコツと働きながら知識や経験を身につけていても、そんなこととは関係なく、無情に流れていきます。

時の過ぎゆくままに任せるのか、それとも何かを積み重ねていけるのか?
砂時計を見ながらそう考えていると、集中できずに止まっていたキーボードを叩く手が、自然に動き出します。

関連記事

  1. 壊れていないのなら直すな

  2. 大きさに応じてやり方は変わる(スケーリングの誤解)

  3. 「ことわざ」からはじめるな

  4. 間違ったウィン=ウィン(1)

  5. 「テキサスの狙撃兵」成功事例のみを声高に話す

  6. 自分「さえも」客観的に見ることができるか

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日
  5. パズルを組み合わせる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)