時は流れる。積み重ねるかどうかは自分次第

砂時計

事務所のデスクに砂時計を置いています。
パソコンやスマホの正確なタイマーがありますので、砂時計を実用的に使うことはありません。

それでも敢えて砂時計を置いています。

時間の流れを感じたいからです。アナログ・デジタル、どちらの時計も時間はわかります。
しかし砂時計は、砂が下に落ちていくことで、時間が「流れている」ことがよりビジュアル的に理解できます。

仕事が忙しいのにどうしても集中できないとき、砂時計をひっくり返します。
時間が流れています。そして、砂時計の下に砂が積み重なっていきます。

時間はぼけっとしてても、コツコツと働きながら知識や経験を身につけていても、そんなこととは関係なく、無情に流れていきます。

時の過ぎゆくままに任せるのか、それとも何かを積み重ねていけるのか?
砂時計を見ながらそう考えていると、集中できずに止まっていたキーボードを叩く手が、自然に動き出します。

関連記事

  1. フィルター、ウィルス

    フィルターバブルを回避する

  2. 正義、校正、法律

    道徳ではなく知性を用いる

  3. 思考法その3〜アイスは人を凶暴に?【第三変数の無視】

  4. 間違った道、方向

    昔の自分はダメだった?(変化バイアス)

  5. 周囲の人が行動を予想できるように

  6. 「農耕民族」では説明にならない。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. SWOT分析

読書記録(ブクログ)