時は流れる。積み重ねるかどうかは自分次第

砂時計

事務所のデスクに砂時計を置いています。
パソコンやスマホの正確なタイマーがありますので、砂時計を実用的に使うことはありません。

それでも敢えて砂時計を置いています。

時間の流れを感じたいからです。アナログ・デジタル、どちらの時計も時間はわかります。
しかし砂時計は、砂が下に落ちていくことで、時間が「流れている」ことがよりビジュアル的に理解できます。

仕事が忙しいのにどうしても集中できないとき、砂時計をひっくり返します。
時間が流れています。そして、砂時計の下に砂が積み重なっていきます。

時間はぼけっとしてても、コツコツと働きながら知識や経験を身につけていても、そんなこととは関係なく、無情に流れていきます。

時の過ぎゆくままに任せるのか、それとも何かを積み重ねていけるのか?
砂時計を見ながらそう考えていると、集中できずに止まっていたキーボードを叩く手が、自然に動き出します。

関連記事

  1. 3種類のエラー(スリップ、ミステイク、ラプス)

  2. あの人はなぜあんな行動を取るのか?立方体モデルで考える

  3. 文化祭の前日メソッド(忙しいときの考え方)

  4. 仮面で握手

    共感力は指標であり、必ずしも善ではない

  5. がんばらないで済むように

  6. 平均のトリック(3)〜最頻値(モード)

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)