平均よりも上

車の運転のうまさについてアンケートをとると、半数以上の人が「自分は平均より運転がうまい」と回答するそうだ。
どんな分野においても人は自分の能力を過信する。
まあ、そう思わないとやってられないという面もあるだろう。

本当は平均以下の能力しかなくても、「自分はうまくやれる」と思ってそう行動するのであれば、うまく行かない現実との乖離に悩んでしまいそうだ。

同業者でもそういった陥穽にハマっていそうな人をみる。
うまく行かない、少なくとも自分が思うようにはうまく行かない現実を、他人の、業界の、社会のせいにして文句をいう。

自分のやり方は変えない。自分は正しい。なのにうまく行かない。
だったら、周囲が悪いのだ。それしかない。

うまくやってそうな人の陰口を言う。あいつは不正をしている、あいつはずるい、あいつは単に運が良かっただけだ・・・・
言わないけれど、「俺の方がすごいのに、なぜ」という思いが隠れている。

そして、いくら現実に文句を言っても、現実は応えてくれない。何も変わらない。
なのでさらに文句を言う。負のスパイラル。

自分はいつも、こんな、精神の牢獄に囚われているような、出口のない状況に陥ることを恐れている。それはきっと惨めで、救いもない。
もちろん、どんなにやったってうまく行かないことはある。それは仕方がない。
自分を「平均より上」だとは思わない。平均より下だけど、努力により、運に助けられ、なんとかうまくやりたい。そう思っている。

関連記事

  1. 「問題」という単語の多様性

  2. ・・・定評がある、という言葉を使いたくない理由

  3. 周囲の人が行動を予想できるように

  4. 第三者ではありえない

  5. 時間、歯車

    時間軸をずらして考えてみる

  6. 疑問を解決する、壊す

    なぜうまくいっていないか

最近の記事

  1. 2021.01.18

    永遠に準備中
  2. 2021.01.08

    管理すべきは
  3. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)