ふかいことをおもしろく

劇作家・小説家の井上ひさしの名言。

むずかしいことをやさしく、
やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく

自分がやろうとしていることは、まさにこうだと得心した。

補助金の難解な制度(どんどんややこしくなる)を、忙しい中小企業の経営者にもわかるように分解し、並べかえ、やさしく言い換える。
やさしくできたからといって、浅くなっただけではいけない。ポイントを押さえて、浅くてもいいところと、深く伝えるべきところをきちんと判別し対応する。
そして、最後がむずかしいのだが、面白くないといけない。例えや事例などを交えて、相手が楽しく理解し「腹に落ちる」ようにする。

とても大変なことではあるが、やりがいがあることでもある。

ーー

ちなみに井上ひさしの妻へのDVはそれはもう酷かったようであるが、
それと作品の良し悪しは分けて考えるべきだろう。
社員や家族に暴力を振るう「名経営者」など、珍しくもなんともない。

関連記事

  1. 出来事とその対応は別物

  2. 選択肢が増えるのは良いことだ

  3. 「大幅値下げ」の行動経済学的意味付け(アンカリング効果)

  4. 遠くを見る

    6つの帽子(強制的に視点を変える)

  5. サイコロ、ダイス

    コイン投げで決めてみる?

  6. 豆を一つ選ぶ

    そのサンプルは適切か?(チェリーピッキング)

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)