繋がっているけれど、混ざってはいない

「全てはつながっている」よく聞く言葉だ。
役に立たないと思っていた知識が、ふとした時に有益となる。
会合で偶然出会っただけの人が、長く一緒に仕事をするパートナーとなる。
金にならない仕事と思っていたら、そこで学んだ経験が後で大きな収益を生み出す。
ある冊子に書いたコラムが、大きな仕事を引き寄せる。

全てはつながっている。不安定な中小企業の社長をしていると、
日々実感することだ。

「引き寄せの法則」などという言葉は信じてはいない。
ただ単に試行の回数が多ければ、それだけチャンスに出会う確率も上がるという
数学的な話でしかない。

その繋がりは一様ではない

その繋がりの強度は一様ではない。
他のことにまったく影響を及ぼさない行動もあるし、
マイナスの効果をうむ「繋がり」だってある。

繋がりに影響を及ぼしているのはあなただけではない。
たくさんの人達がそれぞれの思惑で、日々繋がりを更新し続けている。
なかには悪意のある人だっている。

いまの行動が良い繋がりになるのか、それとも悪い繋がりになるのか、
容易には判断できない。
ある程度の時間が経ち、来し方を振り返った時に見えるものなのだろう。

混ぜてはいけない

繋がっているが、混ざってはいない。
それぞれの事象は独立して存在している。
互いに影響を及ぼし合っているものの、
混然となり、一体となっているわけではない。

不幸な出来事が重なったのは単なる偶然で、
前世の宿業でも、自分の行動の結果でもない。
変な風につながってしまっただけで、それを混ぜて考えてしまうと、
間違った解決策にたどりついてしまう。

全ては繋がっているからと、大づかみに捉えてはいけない。
混ぜると、何が原因かわからなくなるからだ。
まずは分ける。要素に分割する。
そしてそれぞれの繋がりを考える。

そうすれば見えてくるものがある。
何を動かせばいいのか、どの繋がりを変えればいいのか。

関連記事

  1. 思考法その4〜努力は必ず報われる?【欠落したケース】

  2. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

  3. 「リスクゼロ」なら、それは効果がないということ

  4. 「偽陽性」に注意。良い状態なのにそうでないと判断される危険

  5. リズムにのって仕事する(ポモドーロテクニック)

  6. 「百聞は一見に如かず」は常に真ではない

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)