還るべきところ

久しぶりに帰省した。
私の実家は離島で、日本の端っこの方にある。

コロナ騒ぎのせいもあり、お盆に帰るのは久しぶりだ。
島でも毎日数十人の感染者が出ているようだが、人々は淡々と日常を過ごしている。
マスクをつけるのも、中心部のスーパーに行く時くらいだ。

実家近くの砂浜でぷかぷか浮かんでいると、
普段あくせくと働いていることがなんだか馬鹿馬鹿しくなってくる。

若い頃はあんなに忌避していた、この何もない風景を愛おしく思う時が来るとは思わなかった。
高齢化と過疎化が進む私の集落もいずれ無くなってしまうのだろう。
還るべきところを失った時、自分はどこへ「帰省」すればいいのだろうか。

関連記事

  1. 白野江植物公園。今年最後の紅葉

  2. 明治村

  3. 旅行、出張

    四国出張

  4. ひとり合宿その6(小樽、札幌)

  5. ひとり合宿その10〜長湯温泉

  6. 鹿児島出張

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)