クールヘッド、ウォームハート

アルフレッド・マーシャルという経済学者の発言が元ネタだそうだ。

冷たい(冷静な)頭脳と、暖かい心。
どんな物事に直面しても、このような姿勢でいた方がよいだろう。

頭脳まで熱くなってしまっては、怒りや恐怖から判断を間違えそうだ。
心まで冷たければ、冷静な判断ができるかもしれないが、人間関係にダメージを与えそうである。

物事は関係性で成り立っている、冷たい心の持ち主だと思われたら、
周囲から距離を置かれ、結果として情報が届かなくなり、判断を間違えてしまうだろう。

関連記事

  1. アイムソーリー法。「謝ったら負け」の非効率

  2. 自分を信用しない

  3. 3つの制約条件

  4. 間違った道、方向

    喜びも悲しみも、思ったより続かない〜継続バイアス

  5. 自信の正体

  6. ビジネス心理学5_学習よりテスト(テスティング効果)

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)