視点を変える(3)〜立場を動かす

視点を動かせば問題が明らかになる。「立場」を動かしてみよう。(前回のつづき)

上司なら部下の立場で考える、部下なら上司の立場で考えてみる。他にも、取引先、家族、隣人、アウトソーシング先の企業・・・あなたの周りには様々な利害をもった関係者が存在する。

普段の自分の立場から離れて、交渉相手や周囲の利害関係者の立場で考えたとき、自分が見過ごしていた重要な視点に気づくかもしれない。

思えば、平社員の頃は会社の悪口をよく言ったものだ。経営者はなぜわからないんだ?俺ならこうする!と言ったように。
いま自分が経営者の立場で仕事を眺めると、若い頃の文句が「何もわかってないヤツのきれい事」であることがよくわかる。
一見明らかでも、様々な事情によりやれないことなんていっぱいあるのだ。

視点を変える(1)〜過去、現在、未来

視点を変える(2)〜人称を動かす

関連記事

  1. 古い門扉、鍵、閉鎖、閉店

    「伝統」を言い訳に使うな

  2. 何かを面白く思うとき、その人はすでに勝利した側にいる

  3. 数字、数学、パズル

    いつか必ず当たる?

  4. 止まれば負ける

  5. 記憶はあいまい①〜目撃証言の曖昧さ

  6. 部下に「自分が間違っていた」と言えるか

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)