視点を変える(3)〜立場を動かす

視点を動かせば問題が明らかになる。「立場」を動かしてみよう。(前回のつづき)

上司なら部下の立場で考える、部下なら上司の立場で考えてみる。他にも、取引先、家族、隣人、アウトソーシング先の企業・・・あなたの周りには様々な利害をもった関係者が存在する。

普段の自分の立場から離れて、交渉相手や周囲の利害関係者の立場で考えたとき、自分が見過ごしていた重要な視点に気づくかもしれない。

思えば、平社員の頃は会社の悪口をよく言ったものだ。経営者はなぜわからないんだ?俺ならこうする!と言ったように。
いま自分が経営者の立場で仕事を眺めると、若い頃の文句が「何もわかってないヤツのきれい事」であることがよくわかる。
一見明らかでも、様々な事情によりやれないことなんていっぱいあるのだ。

視点を変える(1)〜過去、現在、未来

視点を変える(2)〜人称を動かす

関連記事

  1. ビッグワードに注意。焦点を絞って確認すること

  2. 思考法その6〜いじめられる側にも責任が?【公正世界仮説】

  3. パレイドリア

  4. ネットとリアルの効率性

  5. 「偽陽性」に注意。良い状態なのにそうでないと判断される危険

  6. 思考法その2〜ウチの会社は特殊(内部集団の過剰評価)

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)