今それをやるべきか

複雑で面倒な仕事に着手しなければいけないのに、
つい単純な作業を繰り返してしまうことがある。

経費処理、郵便物の発送、事務用品の手配、OSのアップデート・・・
どれもやらなければいけないことではある。

よくあることだが、
なにか避けたいものがあると、
人はよく、
単調で退屈な仕事に熱中するものである。

ー ハーバード・フロイデンバーガー著「燃え尽きない10の方法」

いまやらなくてもいい単純作業をひたすらやっているときは、
たいてい「ややこしいことから逃げて」いるときだ。

それを自覚してからは、少しだけ業務のスピードが改善されたような気がする。
#そうはいっても、年末までに仕事に区切りがつくかどうかは甚だ怪しいのではあるが・・・・

関連記事

  1. 待ち合わせに遅れても

  2. カラダを動かしながら考える

  3. 成功体験は、回答数一名のアンケート調査

  4. コンパスと地図

  5. 砂時計

    時は流れる。積み重ねるかどうかは自分次第

  6. 「ぜんぜん準備してないよ」~自己ハンディキャッピングの弊害

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)