視点を変える(4)〜関係性を変える

交渉相手は好意的だろうか?それとも敵対的?もしかしたら無関心かもしれない。

好意的な相手と交渉しているとして、仮に相手が敵対的だったとしたら、どのような言動をするだろうと考えることで、多様な視点を持つことができる。
何らかの事情により相手の態度が突然変わることはあり得る(本人は好意的でも、彼が所属する組織上そうせざるを得ないこともある)。そんな時でも、どう対応すればよいかがわかる。

無関心な相手が好意的だったとしたら何を言うだろう?と考える事で、相手に興味を持たせるために何をすればいいのかが分かることもあるだろう。

視点を変える(1)〜過去、現在、未来

視点を変える(2)〜人称を動かす

視点を変える(3)〜立場を動かす

関連記事

  1. もっとも強いのは人間+機械

  2. 王様

    カリスマを高める方法

  3. 認知心理学の視点から見た「頭のいい人」とは

  4. 頭の中のものを外に出す

    自分の影響は、つい過大評価してしまう

  5. 誤字脱字のデメリット(損失回避)

  6. それは本当に「誰も思いつかなかった」のか?

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)