視点を変える(4)〜関係性を変える

交渉相手は好意的だろうか?それとも敵対的?もしかしたら無関心かもしれない。

好意的な相手と交渉しているとして、仮に相手が敵対的だったとしたら、どのような言動をするだろうと考えることで、多様な視点を持つことができる。
何らかの事情により相手の態度が突然変わることはあり得る(本人は好意的でも、彼が所属する組織上そうせざるを得ないこともある)。そんな時でも、どう対応すればよいかがわかる。

無関心な相手が好意的だったとしたら何を言うだろう?と考える事で、相手に興味を持たせるために何をすればいいのかが分かることもあるだろう。

視点を変える(1)〜過去、現在、未来

視点を変える(2)〜人称を動かす

視点を変える(3)〜立場を動かす

関連記事

  1. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

  2. 仮面で握手

    インポスター症候群(自分は詐欺師なのではないか)

  3. クリアな回答を

  4. 3種類のエラー(スリップ、ミステイク、ラプス)

  5. 「百聞は一見に如かず」は常に真ではない

  6. 氷山の下

    目に見えるもの、見えないもの

最近の記事

  1. 2021.10.15

    非合理の論理
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)