悪魔も聖書を引くことができる

悪魔も聖書を引くことができる。身勝手な目的にな。
シェイクスピア「ヴェニスの商人」

どんなルールでも悪用できる。
ルールができれば、それで得する人と、そうでない人が出る。
批判もあるけれど、代替案はでない。そもそも全員を満足させるルールなど不可能だ。

平等にすればいい?全員を平等にしようとした社会主義国家がどうなったのか、ググってみればすぐにわかる。
公平にすればいい?全員が公平と感じるルールを作れると思うのならやってみて欲しい。

冒頭の引用の通り、悪魔だって聖書の中から、自分を有利にする文言を探すことができる。

ルールを批判したり、そのルールで恩恵を受ける人を非難することでストレスを発散する(できるとは思えないが、むしろ余計ストレス溜まりそうだが)よりも、
そのルールの中でいかに自分がうまく立ち回るのかを考えた方が有益だと思う。

文句を言っている間も、世の中は動いているし、同業者の中にはうまく立ち回っている奴もいるだろう。気づいた時には差がついている、挽回できればいいのだけれど。

関連記事

  1. 砂時計

    時は流れる。積み重ねるかどうかは自分次第

  2. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

    嫉妬心との向き合い方

  3. 「偽陽性」に注意。良い状態なのにそうでないと判断される危険

  4. それが日常になれば、そのおかしさに無自覚になる

  5. アンカーポイントの「打ち方」

  6. 詭弁その1〜多数論証、同情論証

最近の記事

  1. 2021.03.26

    人に会う
  2. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)