事情があると考えた方がベター

車を運転していると不快なことにも遭遇する。
急な割り込み、信号無視やノロノロ運転、脇見運転など・・・

昔はそれらに遭遇するたびに憤りを感じていた。危ないじゃないか、迷惑だと。
最近は歳をとったせいか、少し考え方を変えている。

「もしかしたらそうせざるを得ない理由があったのでは」

両親が今際の際にあり、急いで病院に行かないといけないのかもしれない。急な割り込みや信号無視も致し方ない。
体調が悪いので、停車できる場所を探してノロノロ走行しているのかも。
自分が経営している会社の将来を決める重要なメールが届いて、1秒でも早く返信しないといけないのかもしれない。

そう考えると怒りもおさまる。

実際は、理由なくそうしている可能性の方が高いだろう。
でも本当のところは永遠にわからない。
停車させて本人に確認するわけにも行かないし、
そうしたところで本心を言ってくれるとは限らない。

ならば、自分が不快にならないようなストーリーを「設定」した方が、心の健康に都合が良い。
事故には巻き込まれたくないので、そういう車両とは速やかに距離を取るようにはする。
あとは忘れる。それでいい。

関連記事

  1. 運がよくなる法則(ただし、科学的に)(1)

  2. 視点を変える(5)〜考え方の「傾向」を変える

  3. 陰謀論よりも簡単な答えを

  4. 自分を信用しない

  5. おまえを悩ますのはその外なるものではない

  6. 砂時計

    時は流れる。積み重ねるかどうかは自分次第

最近の記事

  1. 2022.11.30

    思えば遠くに
  2. 2022.11.29

    暗黙の信頼
  3. 2022.11.22

    今期が終わる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)