事情があると考えた方がベター

車を運転していると不快なことにも遭遇する。
急な割り込み、信号無視やノロノロ運転、脇見運転など・・・

昔はそれらに遭遇するたびに憤りを感じていた。危ないじゃないか、迷惑だと。
最近は歳をとったせいか、少し考え方を変えている。

「もしかしたらそうせざるを得ない理由があったのでは」

両親が今際の際にあり、急いで病院に行かないといけないのかもしれない。急な割り込みや信号無視も致し方ない。
体調が悪いので、停車できる場所を探してノロノロ走行しているのかも。
自分が経営している会社の将来を決める重要なメールが届いて、1秒でも早く返信しないといけないのかもしれない。

そう考えると怒りもおさまる。

実際は、理由なくそうしている可能性の方が高いだろう。
でも本当のところは永遠にわからない。
停車させて本人に確認するわけにも行かないし、
そうしたところで本心を言ってくれるとは限らない。

ならば、自分が不快にならないようなストーリーを「設定」した方が、心の健康に都合が良い。
事故には巻き込まれたくないので、そういう車両とは速やかに距離を取るようにはする。
あとは忘れる。それでいい。

関連記事

  1. 「気の緩み」と言われても

  2. 業務フロー

    システム思考(2)〜ループ図(その1)

  3. 問題への対処法(2)どの地点で気づくかで対処法は変わる

  4. システム思考(4)〜ループ図(その3)

  5. 間違った道、方向

    自分が間違っているのではないか

  6. 古い門扉、鍵、閉鎖、閉店

    「伝統」を言い訳に使うな

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)